TOP

友達の新しい家に招待されたので、遊びに行ってきました。

旦那さんが服のデザイナーという事もあり家もかなりこだわっていました。
電気は全てダウンライトで光の色もオレンジで落ち着く光が家中を照らしていました。

将来の子供部屋には備え付けの机と本棚があり壁紙もすごくオシャレで思わず「私この部屋に住みたい」って言ってしまいました。
家中全てがオシャレで自分の家に帰るのが嫌になってしまう程でした。

家を建てるにあたっての苦労話とかを聞いたのですが、家で1番悩んだのが太陽光発電だったそうです。
屋根には10キロ以上の太陽光発電を乗せる事が出来るんだけど、壊れた時の事を考えると悩んでしまったと言っていました。

最終的に15キロの太陽光発電を載せたみたいですが、10キロを超えると発電した電気は全て買い取りになってしまうみたいで、電気代が安くなるとかはないけど、とりあえずそれをローンの返済とかに回せるから、気持ち的に楽だなって思うと言っていました。

今年の夏は約8万円の売電が出来たみたいで家計は大助かりって言っていました。
共働きだから日中家にいる事がないから電気代もそんなにかからないって言っていました。
家に載せた太陽光発電が家計を助けてくれるなんてすごく魅力的ですね。
違う友達が言っていた事なんですが、自分がパートで稼いでくる給料よりも売電の方が上回る時があるから少しショックを受ける時があるみたいです。

太陽光パネルにもいろんな種類があって、それぞれ特徴があるそうです。
友達の家の太陽光パネルは、単結晶シリコン太陽光電池です。
ちょっと値段が他よりもかかったみたいですが、発電効率が高いようです。

多結晶シリコン太陽電池は、一番多く使われているものです。
この太陽光電池は、屋根に隙間なく敷き詰めると発電効率がいいです。

震災もありましたし、もし停電した時に、太陽光発電機があれば、とても助かると思います。
今や、電気がないと、生活が出来ないほど、電気に頼っている時代ですから、自力で電気を作れるとこんな力強い事はないですよね。
太陽が出ていなかったら、駄目ですが、太陽が出ていれば電気さえあれば、震災があったとしても、生活がしていけます。

震災で一番辛いのは、暑い時、寒い時です。
実際に震災で被害にあって、避難してみえる方達が訴えていたのが、この寒さと暑さでした。
家を失った人たちが、一番訴えていたのが、この気温です。

気温といえば、急激に気温が下がると地震が来る前兆らしいと聞いた事があります。
リュウグウノツカイという深海の魚が打ち上げられると、地震の予兆だと聞いた事がありますが、2013年10月21日にカルフォルニア州南部のカタリナ島沖で5.4メートルのリュウグウノツカイが打ち上げられました。

新着情報
2013年11月20日
無人島で生活をするというテレビがありますが、楽しみに見させていただいています。無人島である程度生活すると、普段何気ない生活がどれだけありがたいか、そして、生きるためにハングリー精神をもってくるために目が違ってきます。最近で企業の研修でもこの無人島で生活するという過酷な研修をするところがあるそうです。日清食品のエリート社員を対象にこんな無人島で3日間サバイバル生活をするという研修があるそうです。私物は事前に没収されて、チキンラーメン三食分と米1合、小麦粉1カップ、2メートル四方のビニールシート2枚、釣り針と釣り糸1セット、水を渡される。なんて過酷なんだろうって思いました。3日間なら、死ぬ事は無いにしろ、それだけの食料で、追い詰められたら、今まで使わなかった脳を使うようになりそうですね。あらゆる自分が人生経験で身につけた力を屈指して、生き抜かないといけないんですから。まず腹ごしらえをしようとしたら、熱湯を作らなくてはいけないです。太陽光発電 大阪の家みたいにあるわけでもないので、電気やガスが通ってない状態で、生活をしなくてはならないんです。雨や風を避けて寝る場所も確保しなければならないですし、この日清食品株式会社はこの研修から、どんな状況に置かれてもみずから動いてやっていける骨太の管理職を養成したいのが目的らしいです。極限に近い状況にみずからを置くことで成長を促すと共に、チキンラーメンのありがたさが分かるそうです。(笑)手軽に作れる事がどれだけありがたいかですね。身をもって体験することで、自社の商品への愛着が湧くようです。

【アジアン風のシューズボックスを購入することについて】
多くの住宅で玄関内にはシューズボックスが置かれています。新しい住宅の場合では、壁の中に収納されているクローゼットタイプのものが元々設置されていることもありますが、定番品として利用されているシューズボックスの場合では、来客などが家に入る際には、必ず目に留まる部分でもあるために、こだわりを持って玄関内を飾り立てるという行動はおすすめになります。玄関は常に清潔に保つことも必要になりますが、シューズボックスのような大きなアイテムを変化させることによって、イメージを一変させることができ、お洒落に飾り立てることが可能になります。現在ではインターネットを利用することによって、一般的な家具店では販売されていないようなアイテムでも入手することが容易になりました。そのため、例えばシューズボックスの場合でも、アジアン風のタイプを好む方でも、検索をすることによってお目当てのものを探すことができます。実際に販売されているアジアン風のシューズボックスでは、木材のみで構成されているものがメインとされており、使用されている木材はアジア圏特有のものになります。珍しいタイプのものでは竹を使用しているものもあり、玄関内の他の家具類と上手にコーディネートすることで、玄関をお洒落な空間に仕上げることができます。

自動車を運転している時や、歩行中に交通事故の被害に遭ってしまった経験のある方が増えています。交通事故 金沢で起こし接骨院のお世話になるかもしれません。怪我をしてしまった時は、国民健康保険が使えるか不安に感じている方が多くなっています。交通事故の事故証明や念書、被保険者証、印鑑などを用意しておくと、金沢の医療機関で保険適用の治療を受けられます。加害者から、治療費を受け取っている場合は、国民健康保険が使えないので注意をするようにして下さい。交通事故の被害に遭ってしまうと、通勤ができなくなるので、収入が減少してしまいますし、治療費以外にも、差額ベッド代や生活用品や消耗品なども必要になってしまいます。加害者側が、示談の交渉に来ても、賠償額が少ない場合は、金沢の信頼できる弁護士に相談をすることが大切です。裁判所が定める、妥当な賠償額を支払ってもらえるように、加害者側と交渉をしてもらえます。交通事故による精神的なダメージが大きいので、自分の判断で示談に応じないようにすることが大切です。妥当な賠償金を受け取ることが出来れば、社会復帰に必要な治療を十分に受けることができます。一人で悩みを抱え込まないようにして、金沢市の信頼できる専門業者に依頼しましょう。